理想と現実は違うことを実感した

理想と現実は違います。
それは自分でも分かっていたつもりです。
しかし、無意識に条件の良い相手を探していました。
私の中での条件とは、高収入で優しくて背が高いかっこいい男性でした。
分かっています、そんな男性は現実世界には多くいるとは言えませんし、第一すでに誰かの相手でフリーではないでしょう。
理想だけが先行してしまい、どんどん婚期を逃してしまっている事に気づき始めました。
そもそも大人になるにつれて、好きという感情がわからなくなっていたのです。
そんな頃、ある一人の男性と出会ったのです。
その男性は30過ぎてバンド活動をやっているフリーターで、背も高くなくイケメンとは言えるタイプでもなく、私の理想とはだいぶかけ離れていました。
しかし、一緒にいると落ち着くのです。
今まで付き合った相手は、自分をさらけ出すことはできず、いつも気を使っていた様に感じていたのですが、今回は全く違ったのです。
そして私との結婚を真剣に考えてくれていたみたいで、バンド活動を辞め、正社員として就職してしばらくしてからプロポーズをしてくれました。
理想と現実は違うけれども、幸せな結婚ができてよかったです。

大阪の貸事務所検索ならオフィスパッド

病院のテレビカード

ラインストーン スワロフスキー

ニキビに関する確かな口コミ

最新投稿